BTS松江開設18周年記念競走 3日目
5日間開催の『BTS松江開設18周年記念競走』は3日目が予選最終日。準優18ピットを巡る得点争いが繰り広げられる。イン逃げ10回とインが圧倒的に強かった初日から一転。カラッと晴れた2日目の逃げはわずかに3回。まくり5回、まくり差し4回で好配当が相次いだ。2日目終了時の得点率トップは、2日目鮮やかなまくり差しで連勝を飾った廣瀬将亨。センター戦で2場所連続優勝の勢いと確かな調整力で1位に躍り出た。初日連勝の佐々木和伸は2日目3、3着で2位。GⅠV機を手にした柘植政浩が3位につけた。低調機を中堅まで立て直した立間充宏は2日目1、2着で4位。2日目逃げとまくり差しで連勝した谷津幸宏と、初日後半、2日目と2連勝の清水攻二が5位タイ。今節から新ペラの興津藍は1着こそないが、堅実に着順をまとめて7位に位置している。初日の選抜組がまさかの苦戦を強いられ、展開不運が続く森永淳は16位タイで2走10点勝負。滝沢芳行は大敗続きで圏外。田中豪は2日目後半を欠場し病気のため帰郷した。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA