ZBAT!サンケイスポーツ杯 4日目
「ZBAT!サンケイスポーツ杯」は開催4日目の18日に予選最終日を迎える。際どいSが相次いだ3日目は12Rでインの横澤剛治がFに散る波乱。初日の原田秀弥に続き主力がV争いから脱落した。A1級を抑えて得点上位につけたのはA2級の4人。実績機を手にオール3連対の谷川祐一が得点率トップに立ち、2位タイは山口裕太、森竜也、正木聖賢の3人。中間整備で足色が一変した11号機を手にした山口は逃げとまくりで3日目連勝。4日目は3、6枠の2走だが、1回走りの谷川が1着の場合でも、山口が連勝すればトップ逆転の可能性を残す。2連対率49%の60号機を引いた森は着々と足を仕上げて安定した走り。正木は1枠の3日目、1周1Mは村上遼に差しを許したが、2周1Mで逆転勝利を飾った。関口智久は3日目4、4着で5位。V候補筆頭の前本泰和は6位。18位タイは3日目連勝した片橋幸貴ら6人が6.00で並ぶ大混戦。得点争いは最後までもつれそうな雲行きだ。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA