ZBAT!サンケイスポーツ杯 2日目
時折雨が降り、蒸し暑い中で初日が争われた。初日メインの12Rはカドからまくって出た大峯豊にインの前本泰和が反発。両者が競り合う1周1Mを5コースの稲田浩二がまくり差し、3連単は1万4千円台の好配当となった。前本は1M不利な態勢から立て直して2着。前半8Rは6コースまくりの山田佑樹を3コースから受け止め1周2Mで逆転勝利と、通常なら大敗ケースの展開を技ありで1、2着にまとめてきた。近況5場所連続優出中の大峯は7Rで6着後にペラを調整。12Rは1Mで大きく流れてまさかの6、6着発進だが、後半の足色は上向いており悲観の色はない。選抜組以外では地元の岡瀬正人が2コース差しと逃げで連勝。当地16年5月以来の出場となった関口智久がコンマ07、01のSを連発して連勝を飾った。好素性機を手にした谷川祐一はパワフルな足色で1、2着。今期A1ペースの正木聖賢は2、2着、初日1回走りの横澤剛治は2コース差しで白星発進を決めた。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA