ジャパンネット銀行賞 2日目
児島ボートで1ヶ月ぶりの開催となった『ジャパンネット銀行賞』は11日に開幕。初日メインの12Rはインの金子龍介が力強く押し切り、2コースから気迫のトップSを放った柏野幸二が2着。混戦から抜け出した佐藤大介が3着に続いた。5月に当地で優勝している金子龍は前回以上の仕上がりで初日連勝スタート。好素性機を手にした柏野は3、2枠で3、2着、近況上昇機を操る佐藤は2、3枠で2、3着と枠番通りの着順だった。前検から好感触を得ていた牧宏次は10R、2周1Mで逆転勝利。2連対率19%のエンジンを引いた篠田優也は7R、4コース差しで1着。ワースト気配だった前検とは足色を一変させた。他では山崎義明が3、1着、落合敬一が1、3着、実績機を手にした間嶋仁志が1、3着。2月に当地で優出実績のある内堀学が1、4着。4期ぶりA1復帰の佐竹恒彦が2、2着にまとめた。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA