瀬戸大橋架橋30周年記念 倉敷市長杯 最終日
男女混合6日間開催の『瀬戸大橋架橋30周年記念 倉敷市長杯』は15日が最終日。5日目は1Rで119期の福岡泉水が6コースまくりを決めてデビュー188走目にして初勝利。3連単19万円台の好配当を叩き出し女子レーサー活躍の口火を切った。準優10Rはインの宇佐見淳がコンマ16のSで逃げ1着。当地初出場の佐藤隆太郎が差してバックは2番手につけたが、1周2Mで地元の茅原悠紀が高速旋回。鮮やかな逆転劇で児島8連続優出を果たした。11Rは6号艇の藤山翔大がスローへ動き、内4艇は深めの進入。大カド5コースからコンマ03のSを放った野澤大二がまくり切り、インの林美憲は2着。6コースの是澤孝宏がFに散った。12Rは当地前回Vの益田啓司がすんなり逃げて1着。予選18位の大瀧明日香が混戦をさばいて2着に続き当地3連続優出を決めた。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA