日本トーター杯 5日目
男女混合6日間開催の『日本トーター杯』は4日間の予選を終了。11日は予選を勝ち上がった18人による準優勝戦が争われる。予選得点率1位は7走オール2連対で5勝をマークした大神康司の10.43。2位に10ポイントの大差を付けて余裕のトップ通過となった。3日目まで勝ち星のなかった君島秀三が4日目に連勝を飾り9.00で2位。山一鉄也も4日目に連勝し8.71までアップさせて3位。大神、君島、山一の主力3人が準優1枠を勝ち取った。三宅潤は1枠の4日目に2着で4位。序盤3連勝の内堀学はその後4回連続の3着で5位。4日目1、2着にまとめた萬正嗣が6位となった。日高逸子は勝負駆けの4日目に1、2着で17位から7位へ浮上。ボーダーは6.00となり、3日目終了時に29位だった橋本年光が1、2着で18位へジャンプアップ。8Rで大神を相手にインから勝負に出た倉持莉々は惜しくも2着。5.71と一歩及ばず19位で予選落ちした。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA