日本トーター杯  4日目
『日本トーター杯』は10日が予選最終日。準優進出をかけて激しい得点争いが繰り広げられる。今シリーズは6走オール2連対、4勝マークの大神康司が断トツ。2位以降に大差を付けており、予選トップ通過は濃厚だ。残る2つの準優1枠を巡る争いは激戦模様。3日目終了時の2位は3連勝後に3着2回の内堀学。3位は2日目に連勝、3日目は3、2着の三宅潤。勝ち星はないながら、2、3着にまとめている君島秀三が4位。3日目に逃げてシリーズ初白星を飾った篠田優也が5位。3日目に巧みなさばきで2、2着の山一鉄也が6位につけている。ボーダーを6.00に想定すると山一までの上位6人が無事故完走で当確。新エンジン1節目のV機を手にした出畑孝典は思うように成績が残せず15位。日高逸子は17位で2走11点条件だ。主力では19位タイの岡田憲行と吉永浩則が2走13点、女子では倉持莉々が2走16点の勝負駆けに挑む。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA