日本トーター杯 3日目
『日本トーター杯』は9日に予選3日目を迎える。初日の3度から5度に気温が上がった2日目は調整を合わせ切れていない選手が続出。逃げが3回だけとイン受難の流れの中、好配当も相次いだ。そんな中、初日1、2着発進の大神康司が6、3枠の2日目に2コース差しで連勝。伸びに加え、出足もアップさせてトップクラスの足色に仕上げてきた。初日1Rにインから5着に敗れた三宅潤は2走目に2着。6、5枠の2日目は差しとまくり差しで連勝を飾りポイントを挽回した。初日連勝した3人の中では内堀学が好気配を持続。6枠の5Rは6コースからまくり差しで抜け出し3連勝。5枠の9Rも混戦をさばいて3着に粘った。一方、上田洋平は4、6着、柳田英明は5、5着と急降下。初日6着後に大幅なペラ調整を行った木下陽介が1、2着と立て直しに成功した。君島秀三と篠田優也は初日、2日目と2、3着。当地2連続優勝中の山一鉄也は2日目5着に終わった。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA