スポーツ報知杯 最終日 2017-11-19
 6日間開催の『スポーツ報知杯』は19日に最終日を迎え、12Rで優勝戦が争われる。朝方雨が降っていた5日目は、天候が回復すると風が強まりホームは追い風。準優10Rは2コースの今村暢孝が差して1着。イン先マイの下條雄太郞は2着となった。11Rは3コースの山口裕太がまくり差しで抜け出し、1号艇の鶴本崇文は2着。12Rはさらに風が強まりホーム追い風は7メートルと水面は荒れたが、齊藤寛人がコンマ06のトップSでただ一人逃げを決めた。優勝戦は2連対率26%の低調機で予選トップ通過を果たした齊藤が1号艇。2011年6月三国以来のVへ準優の再現を狙う。エース43号機と呼吸の合ってきた今村は2号艇。優勝戦1号艇で転覆した8月児島の雪辱へ、2コース差しで挑む。今村、山口、下條は勝てば今年V3。鶴本、新美恵一は今年初Vを目指す。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA