第35回天領杯 4日目
『第35回天領杯』は13日に予選最終日を迎える。3日目は事故が相次ぎ、実績機を手に得点上位につけていた渡邉和将がFで戦線離脱。エース機を引き当て2Rで勝ち星を飾った入海馨は非常識なFで帰郷となった。波乱続出の中、2日目後半から3連勝の岡村仁が得点率トップに浮上。5RではタッチSで残ってまくりを決め、11Rはインから押し切った。2日目まで1位だった吉田拡郎は6号艇の3日目に5着となり2位タイへ後退。3、1枠の4日目にトップ奪還を目指す。2艇Fが出た9Rで繰り上がり1着の平尾崇典は、12Rでインからコンマ02のS。パワー不足を気力で補い3日目連勝を飾った。4位は12Rでコンマ01のSを踏み込んだ東健介。6連続優出中の12号機を駆る山田佑樹が5位につけた。初日に減点7の茅原悠紀は3日目から新ペラ交換。3日目エンスト失格(選手責任外)の馬場貴也は4日目から新ペラ。川崎智幸は連日整備も苦戦が続き、茅原、馬場、川崎の主力3人が2走18点の勝負駆けに追い込まれた。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA