第35回天領杯 2日目
お盆恒例の『第35回天領杯』は山の日の11日に予選2日目を迎える。オール岡山で争われた初日メインのドリーム戦はインの茅原悠紀がコンマ09のSで華麗な逃げを披露。良機良艇の吉田拡郎が5コースからまくり差しで2着。4コースカド戦の荒井輝年が3着に続いた。前半7Rで2コース差し1着の吉田に対し、8Rに登場した茅原は差し切れず5着。1周2Mで不良航法のため減点7とマイナスからのスタート。ドリーム1着でポイントを挽回する形となった。1、2着発進の吉田は得点争いで一歩リード。予選では山本寛久が足色を一変させて2、1着。前検から好感触を得ていた渡邉和将が1、2着にまとめた。30日間のF休み明けの小畑実成は好Sを決めて3、1着と順調な滑り出し。6月の地元戦で優出2着の白神優は後半10Rで逃げて3、1着。A1復帰の山口達也は前半5Rで鮮やかなまくり差しを決めて1、3着と好気配を漂わせた。他県勢では森安弘雅が8Rで逃げて勝ち星。田中和也が2、2着と存在感を発揮した。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA