スポーツニッポン杯 5日目
4月最後の『スポーツニッポン杯』は4日間の予選を終了。26日は今節のベスト18による準優勝戦が争われる。4日目に6、4枠の山一鉄也は7R、5コースから3着。12Rは4コースから差して勝ち星。6走して5勝、得点率10.00でトップ通過を果たした。2位の浜野孝志は1着1回、2着4回の成績で8.00。3日目連勝の中野次郎は4日目5着と落としたが、7.83で3位に続き準優1号艇を手にした。4位タイは7.67の山本英志と岡祐臣。予選は1着なしで2着4回の岡村慶太が7.50で6位に続いた。節イチパワーを誇る115期の川原祐明は4日目1、2着で得点率7.33。15年2月にデビュー初勝利を飾った児島で、初優出へチャレンジする。V候補の赤岩善生は新ペラ調整と整備で足色アップを図ったが機力劣勢は否めず6.50で14位。準優ボーダーは6.00の上位着順争いとなり、水長照雄と胡本悟志が17、18位で予選をクリア。12Rで逃げ切れず3着の平石和男が19位でまさかの予選落ちとなった。
■利用規約
Copyrights BOAT RACE KOJIMA